突然の交通事故!被害を受けたときはどうする?

あなたは自動車の運転免許を持っていますか?免許を取る時には交通事故の恐ろしさなどを聞きますよね。交通事故の加害者にならないためには必要なことです。しかし逆に被害者になってしまった時というのはどうすればよいのでしょうか?

都会暮らしだと自動車を運転するということはあんまりなさそう。でも横断歩道を歩いていたら突然車が突っ込んできて…と危ない思いをしたことがある方も多いのでは?もし交通事故に巻き込まれた時のための対処法を考えてみましょう。

まずは通報!

事故に巻き込まれた時にはすぐに通報するようにしましょう。車とぶつかったという時など、場合によっては「あれ?なんともない?」ということもあります。「痛みも怪我もないしもう大丈夫ですよー」と言って、連絡先を聞いたりちる通報したりもせず、そのまま立ち去ったりしてはいけません。場合によっては数日してから体が痛み出したりすることもあります。その時に相手の連絡先すらも知らなければ被害の請求もできないのです。

事故が起きた時には現状がどうであれ、まずは警察や保険会社に連絡することが重要です。突然の出来事にパニックになってしまうこともあるでしょう。しかし警察など然るべき所に連絡をすれば、適切な指示を仰げますでしょうから安心してください。

怪我や後遺症を負ってしまった時には…?

事故で怪我や後遺症を負ってしまった場合、痛みがあったり、それで通院する必要があったり、大変な思いをすることもあることでしょう。そうした時には損害賠償を請求することができます。賠償金もその状態の程度によって変わりますし、その基準となる金額も裁判所と保険会社とで違う場合があります。納得のいかない場合には弁護士に相談するなどの方法をとることが重要です。

不幸にして交通事故に遭われた方は、非常につらい思いをなさっていると思います。日々の平穏な生活が、突如として急変させられ、その心痛は察するにあまりあるものだと思います。
その苦しみは、決してお金だけで慰謝されるものではないと思いますが、それでも、正当な権利を実現してください。

出典: www.k-hasan.com

Separator image .