女性のワキガは辛い・・・ワキガの原因と対策

ワキガの原因と対策をまとめてみました♪

辛いワキガの原因!

ワキガの主な原因は、アポクリン腺から出る汗にあります。汗そのものは無臭なのですが、アポクリン腺の汗に含まれる脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどの成分が皮膚表面に存在する常在菌により分解されることで、鼻につく独特のにおいが発生するのです。これに皮脂が混ざり合うと、においはさらに強くなります。

もうひとつの汗腺であるエクリン腺から出る汗は水と塩分でできているため無臭なのですが、ワキガ体質の場合は、これが蒸発する時にアポクリン腺から出る汗のにおいを一緒に拡散させてしまいます。そのため、身体全体がにおうように感じられてしまうのです。

さらにワキ毛は汗を留める役割をもつため、ワキの下の湿度が高まるとそこに溜まった汗に細菌が繁殖し、におい物質が増加してしまう場合もあります。

出典: www.skincare-univ.com

エクリン腺とアポクリン腺の違い
エクリン腺は全身に存在する1平方センチに100個以上もある小さな汗腺で、主に体温を調節する役割を担っています。エクリン腺から出る汗の99%は水分で、残り1%に塩分や尿素、アンモニアが含まれています。99%が水分であるだけに、においはほとんどありません。

一方のアポクリン腺はワキの下や陰部、耳の中(外耳道)、肛門、乳輪など限られた部位に存在する汗腺です。汗は白っぽい色で粘り気があるのが特徴で、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれています。これらの成分が常在菌により分解されることで、ワキガ独特のにおいが発生するのです。

出典: www.skincare-univ.com

ワキガの臭いを抑える重要ポイント

「食生活の欧米化でワキガ体質の人が増えている」というのは、間違いではないのですが、より正確には「食生活の欧米化でワキガ体質が強くなっている」ということです。

その人が「ワキガ体質かどうか」、具体的には「アポクリン腺の数」は、遺伝形質によって生まれた時から決定されていて、食生活などの環境要因で変わることはありません。
つまり、生まれながらにアポクリン腺が「ない人」が又「少ない人」が、欧米化された食生活を送ることで、アポクリン腺が新しく発生したり、その数が増えるようなことはありません。

しかし、動物性タンパクや脂肪などが中心の食事を続けていると、アポクリン腺の一つ一つの分泌活動が刺激されて「より強いワキガ臭」を発生するようになることは事実のようです。
つまり、ワキガ体質の度合いが強くなるのです。
実際わたしが20年前にわきが手術を始めたころに比べて、最近の若い人のアポクリン腺は比較的大きくなっているような気がします。

出典: www.gomiclinic.com

体臭と喫煙とは、汗を通じて関係しています。
タバコの主成分はニコチンですが、これはカフェインやリタリンとともに「中枢神経興奮剤」と呼ばれています。
ニコチンはエフェドリンやコカインほどではないのですが、大脳皮質や大脳辺縁系を刺激してアッパーな気分にさせます。
これらは、また視床下部というところも刺激します。ところがこの視床下部には体温調節の中枢があり、ニコチンはこの体温調節中枢も同時に刺激してしまい主にエクリン腺の発汗を促進します。
 
ワキガ臭の強くなる要因として既にお話したこのエクリン腺からの汗の増加があります。アポクリン腺からの分泌腋が一定であってもエクリン腺の汗が増えると、ニオイの飛躍性や細菌分解の速度が高まりワキガ臭が強くなるのです。
 
またニコチンは交感神経も刺激することがあります。アポクリン腺は一部は交感神経の刺激で分泌が促進されますので結果的にはワキガ臭が強くなる要因ともなります。

出典: www.gomiclinic.com

今まで、スプレータイプのモノや、ロールオンタイプのモノや、スティックタイプのモノ色々なデオドラント製品を試してきましたが、ノアンデは使いやすいですし実際に一番効果がありました。

今まで満足できる効果のあるデオドラント製品がなくて、手術するしかないのかな?と迷っている方でも最後にノアンデを試してみるというのも一つの選択肢としてありだと思います。

出典: xn--u9j9e2b1d7a8g0fucs234bbpc726f.com

Separator image .